fc2ブログ

2024.02 p1

IMG_9439_convert_20240206180435.jpeg

施設内調査で富士宮へ。

富士山が綺麗です。

調査報告書ももう少し。

今週は藤枝市に地質調査と現調へ。

年末年始のひりひりした気持ちは少し和らぎつつ

深呼吸をしながら前を向く。

色んな方のご縁で今があります。

感謝の気持ちは忘れてはならない。

ありがとうございます。

がんばります。

スポンサーサイト



2024.01 p1

2024.01

今年もよろしくお願いします。

IMG_0289_convert_20240106010831.jpg

2023.12 p2 年末のご挨拶

[年末年始休暇のご案内]

2023年12月27日(水)~2024年 1月 4日(木)

1月 5日(金)より通常営業致します。


ご挨拶

本年も振り返れば色々な設計に携わらせて頂きありがとうございました。

2024年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

本年は昨年から続くER業務の一区切りの後で色々なご縁で色々な

計画のお手伝いやリノベのご相談、新築工事の計画から実施設計業務に

危機感を持って色んなことに関わらせて頂きました。

例年通りと言える状況にはまだほど遠く油断は出来ませんが今年も何とか乗り越えたと

思っているところです。

そんな中12月にいよいよ適判対応付の確認申請が準備完了がもうすぐの案件が中断に。

不誠実と思われるような対応を俯瞰で見てもやっていないと思えるので本当に残念です。

間に入って一緒に苦労して頂いてきた方をずっと見てきて心が痛いと感じました。

これからもきちんと誠実に取り組みたいと思っています。

来年はコロナも明けて忙しくされている方が周りに増えてきていますので

あと何年現役で頑張れるのかわかりませんが一緒に少しでも良い建築に

携わることができたらと思います。


来年もよろしくお願いします。

2023.12 p1

今年もあと少し。

新規案件のご相談にわくわくした下半期でした。

残念ながら計画は一旦頓挫してしまったのですがこれは設計的には可能性を秘めた案件でした。

難しい、リスクが多い、見えないコスト。

これをヤルと判断するには法規制や構造の耐震基準をクリアするという大きな壁と共に覚悟と度胸も必要。

リノベを成功させるには新築と違う脳みその使い方を理解する、同じ方向を向いて作業する土台がないと

ただでさえリスクが高いので恐怖しかないところで少しの期間でも同じ気持ちを共有することが出来たかもと

思えたので今後に活かそうと素直に思うことができた貴重な体験でした。

用途が工場の新築案件も色々な難題を一つ一つ片付けてあともう少し。

昨年から土地から探していた自動車整備工場の案件も新築からリノベにシフトして何とか資材高騰に

負けない仕様作りを検討しているところ。

調査業務のご紹介や過去に関わらせて頂いていた店舗案件のご相談もあったりコロナ渦で

停滞していた建設業業界の動きも活発になって周りの忙しいですな流れに遅らばせながら

ここまで来たのかという感じ。

小さな案件から大きな規模の計画まで。

今まで以上に丁寧に頑張って一つでも多く街の財産と思って貰えるような案件に

関われたら本望です。

只々感謝。

今年もあと少し。

頑張ります。

2023.11 p1

IMG_0079(1)_convert_20231121011829.jpg

原点回帰

2023.11

2023.10 p2

事務所的には規模の大きな改修工事用のCAD図作業が

一息ついたところで久々の新築工事計画案件。

怒涛の勢いの中、息継ぎしながら前に進む。

ここ数年の間リノベ系改修のホテル事業や既存建物の調査等で

日々忙しく過ごしていたところで資材高騰の煽りで新築工事がほぼ

全滅していたので今回もそうかな、と何となく思っていた。

それでも手を抜くことなく進めていたところで先週から実施設計に

向けて準備に入る。

地質調査の段取りから設備と構造事務所へ久々の依頼に気合を

入れ直していたところで設備から年度内の仕事でぱつぱつだと

まさかのつまづき。

いつかそういう時がくるかもと思っていたけど流石に慌てる。

そんな中設計工期が読みにくい適判対応。

定期講習で知ってはいたけど既に施行されていたのか。

つかどんだけ新築工事に縁がなかったのかと今更ながらに凹む。

工事工期も鉄骨の納期が読みづらいという噂と価格高騰。

設計工期も申請に今までの倍どころではない手間と時間。

数年前なら余裕ではないけれどこちらが頑張れば竣工引渡し時期は

厳しい要求をされた今回の工期程度なら間に合わせる自信はあった。

今までは工期がしんどかったら予算に少し巾があって工期圧縮の工法へ

舵を切ったり、予算が厳しければ工期の余力でVE検討できたりあったのに

両方+法規制の検討追加と未だにクローズしない基本設計ともうリスクしかない

だろという状況。今ならまだここで撤退することも可能だ。

まだ誰にも迷惑は掛けていない。

今月中に決断が必要だ。

工事工期の想定が今ならこんなの組むやつはいないよと

言われて自分もそう思う、、とはまだ言いたくない。

困ったから自分のところへ相談がきたのだから。

誠実に丁寧に。

信条は変わらない。

そんな中、来週は新規案件のプラン提出が待つ状況。

今日は脳みそを切り替えて頭の中を全振りする。

これも久々のマルチタスクでのタイムスケジュール管理に

気合を入れ直す。

来月になればいよいよ改修工事の基本設計方針が決まり

こちらも年度内で納品の流れ。

これも早くやりたくて楽しみで仕方ない。

設備がぱつぱつは痛いほど気持ちがわかるのでもう無茶振りは

出来ない。


頑張ります。

2023.10 p1

ボリュームのある図面作図作業が一息ついた。

現在新規案件の計画に邁進中。

同じ規模の案件が一つもないのでかなり振り巾は広め。

A1サイズからコンテナサイズまで。

新築から改修工事と何でも対応中。

鉄筋コンクリート造、鉄骨造と木造が同時進行しても

脳みそは今のところバクらない。

これぞ年の功(笑)


後半戦ももう少し。

気合入れて頑張ります。

2023.09 p1

先月から引き続き構造図と写真、意匠図の詳細図の変遷や

施工方法を妄想しつつ

改修工事の為に当時の半分手描きの時代の頃の青焼き製本された

資料から既存図をCADで興す作業中。

難易度高めのディテールの図面を興すのはしんどい半分、面白い半分。

基本、この歳まで飽きずにやってこれているのはやっぱり図面を

描く事が好きだから。

断面関係まで描いたところで脳内でようやく全貌が構築された。

設備、構造と意匠のそれぞれの担当のスキル高めの人達が膝を突き合わせて

できたんだろうなと描きながら思うところ。

高低差もあってブリッジで繋いでるところもあり平均地盤算定は?と

追い掛けたら丸々一枚(笑)

だろうなぁW

調整池の形も自然地形を活かしていてこれはまた・・・難しかったろうなぁ。


それでも難しいところも過去の経験値で想像できるところもそれなりに

あったので自身のスキルも伊達じゃないぞ、良かったなと。

ちゃんと当時の設計した人の意図や考えが伝わってくる。

あと少し。

続きがんばります。

2023.08 p2

改修工事用の既存図をCADで作成中。

平成初期の頃はもう今の仕事をしていたので作成しながら

当時の流行りだったり一般的なディテールだったりを妄想しつつ

一歩一歩着実に前進中。

数年前に県の改修工事の為に今回同様に庁舎の図面を丸っと興した。

手描きの頃と言いつつCADで部分的に残っているところもあったけど

A1の図面を描き興すのは中々大変で集中力が必要。

今回の図面はあの時よりも難易度がかなり高め。

残存している図面だけでは追えない寸法もあったり。

写真を1400枚撮ったものを一緒に確認しながら竣工時と現況に

近付けていく。

ある程度いったらもう一度当時の竣工図書をお借りして整合性を

高めないと意味がないので早くそこまでいけるように少しピッチを

上げていく。

構造図が丁寧に描かれていて助かった。

この規模だとスキルのない構造事務所では関われないだろうから

当たり前とは思いつつ。


ただ会社員時代にこれくらいの面積規模は普通にやってきていたので

ボリュームに圧を感じつつやっぱりある程度の大きな規模の設計には

これからも関わっていきたいなぁと思う。

住宅規模もいざ基本設計から関わり出すと面白いんだけど初日から

既に頭の中に全貌があって手が遅い、、等と思うのとはまた違う感じで。

8月もあと少し。

乗り切ります。

2023.08.01 16年目入りました。

20230801_blog_phot_convert_20230801170328.jpg

今日も暑い日が続いています。

熱中症に気を付けてお過ごしくださいね。

いよいよ16年目に入りました。

毎年毎年同じようなことを思っていますか゛似たような年は一度もなく

例年通りのハラハラドキドキ、今年も後半に向けて頑張って乗り切ろうと

思っています。


これからも応援よろしくお願いします。

2023.08.01