fc2ブログ
  1. 2024.04 p1

    2024.04 p1

    4月に入った。桜が咲き気持ちが爽やかになる。そして雨と風であっという間に新緑に包まれていく。そんな様子を見て新年度が始まったのだと背筋を伸ばして気合を入れ直す。店舗系の改装工事が決まり新年度早々にほっと一息。自身の意思と違う何かに流れに身を任すように心を穏やかに。この仕事の流れはもう少し若かったら途中で息切れしていたろうと思うところ。時と共に経験値は知らないうちに増えていきやれる巾も拡がっていく。...

    2024/04/09
  2. 2024.02 p1

    2024.02 p1

    施設内調査で富士宮へ。富士山が綺麗です。調査報告書ももう少し。今週は藤枝市に地質調査と現調へ。年末年始のひりひりした気持ちは少し和らぎつつ深呼吸をしながら前を向く。色んな方のご縁で今があります。感謝の気持ちは忘れてはならない。ありがとうございます。がんばります。...

    2024/02/06
  3. 2023.12 p2 年末のご挨拶

    [年末年始休暇のご案内]2023年12月27日(水)~2024年 1月 4日(木)1月 5日(金)より通常営業致します。ご挨拶本年も振り返れば色々な設計に携わらせて頂きありがとうございました。2024年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。本年は昨年から続くER業務の一区切りの後で色々なご縁で色々な計画のお手伝いやリノベのご相談、新築工事の計画から実施設計業務に危機感を持って色んなことに関わらせて頂きました。例年通り...

    2023/12/25
  4. 2023.10 p2

    事務所的には規模の大きな改修工事用のCAD図作業が一息ついたところで久々の新築工事計画案件。怒涛の勢いの中、息継ぎしながら前に進む。ここ数年の間リノベ系改修のホテル事業や既存建物の調査等で日々忙しく過ごしていたところで資材高騰の煽りで新築工事がほぼ全滅していたので今回もそうかな、と何となく思っていた。それでも手を抜くことなく進めていたところで先週から実施設計に向けて準備に入る。地質調査の段取りから設...

    2023/10/21
  5. 2023.10 p1

    ボリュームのある図面作図作業が一息ついた。現在新規案件の計画に邁進中。同じ規模の案件が一つもないのでかなり振り巾は広め。A1サイズからコンテナサイズまで。新築から改修工事と何でも対応中。鉄筋コンクリート造、鉄骨造と木造が同時進行しても脳みそは今のところバクらない。これぞ年の功(笑)後半戦ももう少し。気合入れて頑張ります。...

    2023/10/10
  6. 2023.08 p2

    改修工事用の既存図をCADで作成中。平成初期の頃はもう今の仕事をしていたので作成しながら当時の流行りだったり一般的なディテールだったりを妄想しつつ一歩一歩着実に前進中。数年前に県の改修工事の為に今回同様に庁舎の図面を丸っと興した。手描きの頃と言いつつCADで部分的に残っているところもあったけどA1の図面を描き興すのは中々大変で集中力が必要。今回の図面はあの時よりも難易度がかなり高め。残存している図面だけ...

    2023/08/30
  7. 2023.08.01 16年目入りました。

    2023.08.01 16年目入りました。

    今日も暑い日が続いています。熱中症に気を付けてお過ごしくださいね。いよいよ16年目に入りました。毎年毎年同じようなことを思っていますか゛似たような年は一度もなく例年通りのハラハラドキドキ、今年も後半に向けて頑張って乗り切ろうと思っています。これからも応援よろしくお願いします。2023.08.01...

    2023/08/01
  8. 2023.05 p1

    心穏やか。少しづつ春の空気に気持ちも晴れ晴れ。建築士定期講習の案内が届いてぼちぼち申し込まないと。知らないうちに15年。無我夢中で過ごしてきたのであっという間のような気もするし長かったなーと思う気持ちも。振り返るとあの時が分岐点だったなと思うこともあってその時に違う結論を出していたらどうなっていたんだろうと感慨深い。今月末から5年に一度の更新・事務所登録の数字が3から4へ。いよいよ16年目。5年目の時にi...

    2023/05/03
  9. 2023.03 p4

    先週末に少し雑談的に訊いていた数年前に引渡しの終わった店舗の不具合のご連絡がこちらへ届く。その日のうちに施工会社ともう一度連絡を取り合って本日現地へ。一か月以上も前に不具合が起きたと連絡をしたのにこの対応はひどいと。そりゃそうだ。内心は腸が煮えくり返っている気持ちを抑えて真摯に丁寧に事情と今後の対応についてお話する。その一か月の間にも色々とあったであろうことを想像しつつ早めに是正工事をさせて頂くこ...

    2023/03/28
  10. 2023.03 p3

    工事が始まると出来るだけ遠くの方に気持ちを持っていくように考える。目の前の状況だけに注力すると全体の工期が見えなくなるからだ。3月に入って自身の思う現場の姿とあまりにも乖離していたので元々自分は気持ち的に裏方という立ち位置なのにどこまで口を出すべきか少し途惑う。スキルの不足した人間程自身のことを過大評価し結果反省もないので同じ結果を繰り返す。周りに責任転嫁し出すともう末期。但し保険としてこの人は絶...

    2023/03/19