fc2ブログ

macollabo.design マコラボデザインとは。

macollabo.design [マコラボ・デザイン]

2018年からスタートして1棟目がもうすぐ竣工します。
自分の感性と今の売り手側の市場の考え方に馴染めなくて始めたというのが
本音でしょうか。
日常の中で住宅としての建物を「商品」として売るという感覚にはどうしても馴染めず
そりゃモノには違いないけれど、、違うんではないかという気持ちから
いっそそれに合わせるよりは少ないながら同じような感性を持っている人が
居るのではなかろうか。。というニッチなところを見据えてはじめました。
今までも自身の設計に関わらせて頂いた方はほぼその延長線上にあって
既存の工務店さんやハウスメーカーの「売り方」に違和感を持ってる方の
最後の砦、受け皿になっていたのではと思います。
住宅なんてどうでもいいと思っている人はそもそも自分の家を建てたいとは
思わないのでそこに至る感性や考え方が違うということだと思います。
ただやっぱりですがいくら設計事務所が良いと思っても施工する側の感性や
品質がどうしようもなかったら絵に描いた餅以下です。
施工品質を担保しようとディテールの統一化や簡素化等も試みたこともありましたが
残念ながら建築が好きでもなく死んだ魚の目をした監督も居てこちらから選択出来ず
そんな人の作ったものが良いわけもなく、折角決めた信頼の高い施工会社でも
コスト管理する監督がダメな時はよくなりようがありませんでした。
だからそこの振れ幅を最小にするにはの最適解が今回のマコラボです。
施工者固定で住宅をやる時にはこの人しかいない。
今回のサブプランドはそこから初めて進めることができました。
そこには旧来通りの価値観としての
-断熱材はコレを使って性能がいいですとか
-親和性の高い外壁タイルなので汚れが付きにくいですとか
またそれを使っていないから駄目だとか。。
-システムキッチンの天板はこうで今時はIHコンロでなきゃとか。。
そこを熱く語られてもって人の私達は最後の砦です。
エアコンをサービスで付けますので契約書にハンコを押してくださいとか
今月は決算なのでもう少し割り引けますとか。
いやいやだったら始めからぎりぎりの数字出せって。
すみません、、言い過ぎました。
そもそも普通に出した見積書でハウスメーカーと競合してもそんなに遜色ありません。
寧ろ安かったこともあります。
もちろん確認申請も出しますし中間検査も完了検査も監理者として普通に関わります。
判り易い言葉で紡ぎながらそれを近い感性で共感できたらきっと納得の住宅になります。

私は元々設計事務所で会社員という下積時代が長かったので本来は2×4とプレハブ以外
なんでもやれたりします。
ハウスメーカーが得意とするような間取り図も普通に描けます。
でもそれを求められていないのでもうやらないだけです。
そもそもですが何か違うんだけど。。と相談に来られる方が私にそれを求めてなかった
という事がこの10年で大きかったのだろうと思います。

そこで。
発信力の弱さを反省してもっと声を出していこうと思いました。
幸い一緒に共感してくれる方も増えて来ました。
スタートは新築の木造在来工法の住宅ですが今回の住宅の姿を見て
感じて頂けるかと思いますが、、、
私の事務所はリノベもやります。
古いビルや倉庫を住宅や店舗の用途に「普通に」やってます。
用途を保養所からホテルに替えたり、古いリゾート施設に付加価値として
グランピング施設を増築したり、コンビニの撤退した後の建物用途を飲食店に
コンバージョンしたりと多岐に渡って関わっています。
だから住宅メーカーのオプションでどうだとかいう考え方や発想には馴染めません。

そんな人間が作ろうとしたサブブランドのマコラボデザイン。
何か一緒にやれたら面白い住宅にしてくれそうと思いませんか。
品質感もおそらくは負けていません。が、、
いえいえ全員がそう思ってくれとは思いません。
数少ないニッチなところだと認識してます。
元々大きなメーカーや会社の出来ないことをしたかった。
そんな私達と面白い住処、住宅やガレージ、趣味の聖地をお手伝いさせて
ください。
従来の設計施工とは違うもうひとつの選択肢として認知して頂けるように。

2019年

これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト